突然始まった「カジル稲作プロジェクト」。
前回のお話はコチラ
第10話。田んぼがピンチ!?

ピンチから抜け出し、またグングンと成長している稲たち。
実は、お米にも花が咲くそう…。

みなさんはどんな花が咲くかご存知ですか?

どんな花が咲くんだろ〜。

 

こんな感じかな〜?

 

それともこんな感じかな〜?

 

全然わからん!ということでお花の開花を待ちました。

実はお米の花は1週間から10日ほど咲いていますが、葉っぱに隠れるように咲くため、なかなかお目にかかれないんだとか。確かに農家さんに取材行った時でもお米の花を見たことはなかったです。

 

そしてついにその時が!!

8月上旬。

なんだこの白い小さな物体は……虫?

と思いよーーーく見てみると、どうやらこちらがお米の花のようです!
小さすぎて一瞬わからなかったのですが、間違いなくお米のお花。

イメージと全然違う!!確かにこれは花が咲いているのかわかりにくいなぁ。

調べたところ、お米の花は1つの穂に約100個の花がつきます。
白く見えているのがおしべ。おしべの花粉がめしべについて受粉されるそうです。
農林水産省ページ

 

次は実がつき始める時期になります。
収穫が少しずつ近づいてきてワクワクが止まりません。
次回もお楽しみに!