突然始まった「カジル稲作プロジェクト」。
前回までのお話はこちら
第4話。土壌分析するのだ。

土地も確保できたし、土の状態もOKということで、あとは田んぼを作るのみ!
田んぼをつくるために2m×2mほどの穴を掘っていきます。
プロフェッシャルな方は「それじゃ食えなかんべよ〜。」とおっしゃると思いますが、初心者なのでまずは小規模で稲作します!

はじめに、土を柔らかくするための作業です。

まず鶏糞堆肥と豚糞堆肥を上から撒き、しっかりと地面をほぐしていきましょ〜。堆肥を薄く均等に撒いてね。 

パラパラ〜。シャベルの使い方むずっ…。

シャベルを捻りながら撒いていくんだよ〜。

次は地面を掘ります!

はい!(こうかな…。)

あ、違う!もっと力入れて掘り起こさないと!

わ、わかりましたぁ。

次!掘り起こしたら柔らかくなるように、混ぜます。

おぉ、なんか田んぼらしくなってきた!

〜〜作業すること数十分〜〜

いい感じに柔らかい土になりました!
しっかりと土と堆肥を混ぜ、生えていた雑草たちも土の中に戻りました。
これで2ヶ月ほど放置して、土の栄養を調節するそうです。
2ヶ月後はどんな風になっているのでしょうか!?

 次回もお楽しみに!