せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草 。
......1月7日の朝に食べる伝統的な食、それは七草がゆ。

皆さんは、七草がゆを食べたことはありますか?

素っ気なくて、薄味で、好んで食べたいものではないという方も多いのではないでしょうか。むしろ、七草なんて知らないという若者も居るかもしれません。......このままでは、日本の麗しき伝統が失われてしまいます。

これはなんたる由々しき事態 !

何としても、若者にも食べてもらえるおかゆを考案しなくては!

 

な ......んとしてでも、カジルが七草の伝統を守らなくては !!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〽(お馴染みのメロディで)
カジルルルルル♪カジルルルルル♪
カジルルルルルルルルルンルンルンルン♪
チャララッチャチャ♪
チャララッチャチャ♪
チャララッチャチャ、チャララララ♪
チャララッチャチャ♪
チャララッチャチャ
チャッツ!チャッツ!
チャンチャンチャン♪

小百合みなさま、

臼居あけましておめでとうございます。

 

小百合臼居先生は、栃木市出身、宇都宮市在住なんですよね!

臼居ええ、そうなんです。カジルさんのことは、以前から存じ上げていますよ~。

小百合ありがとうございます!今日はよろしくお願いいたします~!

 

 

小百合さて、今日は「大根七草がゆ ニラ添え」「栃木の冬野菜を使った洋風おかゆ」の2品をつくります。

臼居七草がゆは、“年末から正月のごちそうで疲れた胃を休め、今年も頑張ろう”という気持ちを込めた伝統料理です。洋風おかゆは、七草がゆはちょっと……という若い世代の皆さんに向けて、チーズやトマトでアレンジした洋風のおかゆです。

小百合それでは、早速はじめましょう。

 

(説明しよう。今、小百合はこのようにおどけているが、実は激しくヒヤヒヤしているのだ。)

 

 

:(わ~~~。大丈夫かな。どうか料理があまり得意ではないことが、カジルの読者にバレませんように‥‥‥。きっと大丈夫!小百合ファイトっ!GO!)

 

1品目:大根七草がゆ ニラ添え

小百合まずは「大根七草がゆ ニラ添え」からです。

臼居材料はこちらです。

 

春の七草はこちらです。

 

 

<材料 (2人分)>

米・・・1/2合
水・・・600ml
春の七草・・・市販品1パック
塩・・・ふたつまみ
大根(七草とは別に)・・・3㎝の輪切り
ニラ・・・1/2束
白胡麻・・・小さじ1
ごま油・・・大さじ1
しょう油・・・大さじ1

小百合作り方です。

臼居まず、大根の皮をむき、あられ切りにします

小百合あっ、あられ切り!?

 

ハッ!

 

 

臼居材料をあられのように、小さい立方体に切ることです。今回は1cm弱の角切りが良いですね。

 

 

小百合あはは、そうですね~。

 

 

(あっぶな~。早速心の声が出てしまった……ドキドキ)

 

臼居次に、お米をといで水とともに土鍋に入れます。

 

 

 

 

臼居沸騰したら弱火にし、30~40分ほど炊いて、あられ切りにした大根を加えましょう。

 

 

小百合ああああっ!吹きこぼれそう!

臼居途中ふきこぼれそうになったら、蓋をずらして蒸気を逃がしましょうね。

小百合んふふ、は~い♪

(よしよし、いい感じ!小百合、この調子よ!)

 

臼居さて、ここで、七草を細かく刻んでおきます。

 

 

小百合色が鮮やかですね~!栄養がありそう!

臼居よく気づきましたね。七草のような芽吹き野菜は、栄養価が高いんです。七草は日本のハーブと言われていて、胃腸の回復に良いし、ビタミンがたっぷり含まれているんですよ。

小百合日本のハーブ!そう聞くと急にオシャレ(笑)

臼居うふふ、でしょ?さて、次にニラを小口切りにします。

小百合こっ、小口切り!?

 

(うわ~、また心の声出ちゃったよ……)

 

 

臼居ねぎなどの丸くて細長い野菜を、端から一定の幅で切ることです。今回は、約1㎝くらいの幅で切りましょうね。

 

 

小百合は、は~い。

(しっ、しっかりしろ小百合よ!取り乱れるな!)

臼居切れたら、ごま油としょう油をまぶします。

 

(よし。包丁はアレだけど、混ぜるのくらいなら私にもできるよね……)

 

 

臼居そこに、白胡麻を加えてよく混ぜ合わせます。

 

(なんだろ。混ぜ方ひとつでも、先生がやると違うなあ~)

 

 

臼居ニラはこれでOKです。おかゆが炊き上がる5分前に、刻んだ七草と塩少々をふり入れて混ぜましょう。

 

 

 

小百合え~、もう既に美味しそう!私これでイケます!もう食べたい!

臼居食いしん坊さんね~、うふふ♪そうしたら、仕上げをしましょう。器によそって……

 

 

臼居ニラのごま油和えをトッピングして……

 

(やっぱり、このままのおかゆも食べたい……)

 

(いまだっ!)ぱくっ!(んんん!イケる!)

 

臼居はいっ、できあがり♪

 

 

小百合綺麗~!早速いただきますっ!

臼居うふふ、めしあがれ~♪

 

(注:ここは神社ではない)

 

今年もカジルの取材で美味しいものが沢山食べられますように。

 

 

 

臼居どう?

 

 

小百合え~めちゃめちゃ美味しい!先生スゴイっ!

臼居ニラが良い仕事してるでしょ?

小百合はい、中華風ですね。あ~、コレずっと食べていられる~。おかゆなのに、お酒にも合いそう。先生、ビール買ってきます?

臼居小百合さん、もう1品あるの忘れてるでしょ。

 

はっ!(恥)

 

2品目、いくわよ。

 

2品目:栃木の冬野菜を使った洋風おかゆ

臼居次は、「栃木の冬野菜を使った洋風おかゆ」をつくります。

小百合材料はこちらです。

<材料 (2人分)>
米・・・1/2合
水・・・600ml
鶏手羽先・・・2個
トマト・・・1個(大きければ1/2個)
クレソン・・・4本
パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ2
塩・・・小さじ1
日本酒・・・大さじ1(日本酒・白ワインでも可)

 

小百合作り方です。

臼居まず、鶏手羽先にフォークで穴をあけ、塩と日本酒をまぶします。

 

 

臼居次に、お米をといで水とともに土鍋に入れて、鶏手羽先を加えます。

 

 

 

臼居中火で火にかけて、沸騰したら弱火にし、30~40分ほど炊きます。

途中ふきこぼれそうになったら、蓋をずらして蒸気を逃がしましょう。

 

グツグツ、コトコト……

 

 

小百合わっ、先生、鶏がホロホロしてますね!

臼居良いダシが出ているわよ~!

臼居ここで、トマトを1cmの角切りにします。

 

臼居クレソンを手でちぎります。

 

臼居「カ・ジ・ル」だけど、「ち・ぎ・る」のよ♪

 

えっ……

 

 

先生がダジャレ言った~!

臼居コホンっ♪さ、おかゆが炊き上がったから器によそりましょう。

 

小百合このままなら、鶏がゆですね~。十分美味しそうです~!

臼居うふふ、もちろん美味しいわよ。でももっと華やかにしましょう。

トマト、クレソンをたっぷりと彩り良く散らします。

 

臼居最後に、パルミジャーノレッジャーノを削ってたっぷりトッピングします。

 

 

臼居お好みで黒コショウをかけてもいいですね。

おかゆはトロトロ!チーズふわふわ!

 

臼居2品目も、完成で~す!

 

小百合ではでは、いっただっきまーす!

 

うあああああ!

小百合先生、コレ、おかゆなんて信じられないっ!

臼居うふふ、お子さんや女性にもウケそうでしょ。これにもっとトマトとチーズをのせて、オーブントースターで10分ほど焼けば、リゾットに変身よ♪

小百合アレンジですね~!さっきの七草がゆにトマトとチーズをのせて焼いてもいいですね。

臼居そうね!あと、この鶏がゆに、先ほどのニラのごま油和えをトッピングしてもGOOD。色々と試してみてね♪

小百合お~、それは試してみたいです!1月7日だけでなく、少し胃腸が疲れたなというときには作りたいです。でも、土鍋ってちょっとハードル高いかも……。

バレてると思いますけど、私、料理苦手なんです……しょんぼり。

 

臼居あら。土鍋じゃなくて、炊飯器でも作れるわよ♪お米、鶏、大根などを入れて、お水は炊飯器の目盛りに従って入れて、おかゆモードで炊けばOK!

 

小百合わ~!それなら私も気軽につくれます。臼居先生、今日はありがとうございました!

 

~愛は栃木にある。カジルの提供でお送りしました~

 

〽(お馴染みのメロディで)

トゥルル~ル~ル~ル~

ル♪

ル♪

ルンルンルン!

 

 

 

さて、「【伝統を守れ】令和に食べたい!新感覚な七草がゆ」をお届けしました。
いかがでしたか?これで、七草の伝統は無事守られることでしょう。
皆さんも、この記事を参考に、ぜひ今までとは違うおかゆを楽しんでくださいね。
おかゆを食べた皆さんが、今年一年元気で過ごせますように。次回もお楽しみに!

 

レシピ考案と調理指導をしてくださった先生のご紹介

料理研究家 臼居芳美さん

 

栃木県生まれ。NHK「きょうの料理」のアシスタントを務めたのち「あさイチ(みんな!ゴハンだよ)」に出演。現在は料理教室を主宰するほか、道の駅やレストランなどで料理講習会を実施。

とちぎTV、栃木放送、FM栃木への出演、とちぎ朝日、栃ナビ、下野新聞での連載など、メディアへの露出も多数。

また、県産の六次産業化のためのレシピ開発にも携わりながら、地域の素材と料理をつなげ、発信している。

NPO法人「良い食材を伝える会」会員。

著書に「HAPPINESS AT THE TABLE. 今日も幸せのテーブルで。」がある。

 

今回使った栃木野菜と、提供してくれたカジリストのみなさん

新鮮で美味しい野菜のご提供、ありがとうございました!

提供:米

樋口 克之さん

宇都宮ブリッツェンファーム / 宇都宮市

カジリストのページへ

提供:ダイコン/ニラ

櫻井崇弘 / 宇都宮市

カジリストのページへ

提供:トマト

上野 俊介

うえの農園 / 河内郡上三川町

カジリストのページへ

提供:ネギ

床井 修一 / 宇都宮市

カジリストのページへ

 

七草の寄せ植え

『春の七草』 川手農園

Hana Marika YOKOHAMA
https://www.hanamarika.com/fs/hanamarika/nhati-01

この記事を書いた人

 

小百合: 「住食人」がテーマのフリーライター。

今は埼玉県在住だが、以前栃木県に住んでいたことがあり、今でも頻繁に足を運ぶほど栃木愛が強い。2019年7月からカジルに参加。趣味はヨガ、ダイエット(コミット中)、料理(修行中)、お酒。