No7カジル特集

2017クリスマスプレゼント企画

クリスマスに『とちおとめ』届けちゃいます♡

こんにちは。カジル編集部です。

 

12月といえば、そうです!クリスマスです!

栃木といえば、イチゴ!とちおとめ!!

そこで今回のプレゼント企画は、「クリスマスに『とちおとめ』届けちゃいます」です♡

 

今回はとちおとめのご協力を頂くために、宇都宮市北部の下倉町にある赤羽いちご園さんへ向かいました!

 

======================

とちおとめを作る人 赤羽 耕一さん

とちおとめ作り歴  10年

======================

 

 

:「おはようございます!カジル編集部です」

 

:「おはようございます!カジルさん、今日はどんなお話ですか?」

 

:「はい!今日はカジルのプレゼント企画で伺いました!赤羽さんご協力いただけませんか?」

 

:「いいですよ」

カジル編集部もビックリするくらいの早さで赤羽さんから快諾を頂きました

 

:「ありがとうございます!それと今日、赤羽さんのとちおとめ収穫風景を取材させて頂けませんか?」

 

:「(笑)いいですよ、ではこちらに」

 

 

カジル編集部もハウスの中へ

 

 

:「めちゃくちゃ広いですね、外は寒いのに暖かいです!赤羽さん、いつもどんな風にとちおとめを収穫されているんですか?」

 

:「(笑)こんな感じです」

 

 

 

 

:「ありがとうございます!一つずつの手作業で収穫されているんですね。大変ですね」

 

:「そうなんです。収穫し終えてからのパック詰めも手作業なんですよ。でも『赤羽さんのとちおとめは美味しい』と言われると、今までの苦労も吹っ飛んじゃいますよ(笑)」

 

赤羽さん、めっちゃいい方です。笑顔も素敵でしかも12月は超忙しい時期なのに取材まで協力して頂いて…よし!ここで、とちおとめのプレゼント交渉へ

 

:「赤羽さん、『とちおとめ』なんですが何名さまへプレゼントお願いできますか?」

 

:「3名さまでどうかな?とちおとめは、1名さまこのくらいの量でどうかな?」

 

 

:「えっ、こんなにいいんですか?ありがとうございます!」

 

:「それと、これもどうぞ。赤羽いちご園で採れたとちおとめを使って作った『とちおとめ 苺 ようかん』です」

 

 

:「わっ、、、、、、ありがとうございます!イベントで食べた事があるんですが、とちおとめの風味が効いてて美味しいんですよね!」

 

:「カジルさん、詳しいですね(笑)で、いつプレゼント届けるんですか?」

 

:「はい!当選された方には12月24日(日)午前中着でお送りしようと思います」

 

:「クリスマスのプレゼントですね!」

 

-カジルプレゼント企画第3弾 -

✨たくさんの応募ありがとうございました✨

とちおとめ(⇩このくらい)&とちおとめ 苺 ようかん(1本) 3名さま

 

ここでカジル編集部の無茶ぶりが…

 

:「赤羽さんこれどうぞ!」

 

:「…………」

 

 

 

 

 

カポッ

 

 

 

✨ジャーン✨

 

 

:「赤羽さん!!当選された方へトナカイの被り物で配達して頂くことは可能ですか?」

 

:「(笑)」

 

:「ですよね(笑)ではとちおとめ&とちおとめ 苺 ようかん、宜しくお願いします!」

 

:「宜しくお願いします。カジルさん、今日は朝早くからお疲れさまでした」

 

======================

赤羽いちご園

偉い人 赤羽 耕一さん

〒321-0403 栃木県宇都宮市下小倉町927

======================

カジル編集部が用意したトナカイの被り物にも快く対応してくれた赤羽いちご園の赤羽さん。優しくてとちおとめ作りに向き合って、日々美味しいとちおとめを作っています。来年も再来年もこの先ずっと、赤羽いちご園さんのとちおとめを通してたくさんの笑顔を見ることができそうです。

※今回トナカイでの配達はありません

登場したカジリスト